テレビディナー

ジャニーズのことを、おてがる、おきがる、かんたんに。

本当に「俺」と「あいつ」しかいない?――『愛、テキサス』で並立する友情物語と恋愛物語

こんばんは、しろみです。

前回の記事を更新した後に「Six tones(シックス トーンズ)」から「SixTONES(ストーンズ)」に変わりましたね!

記念として前回の記事はそのままで残しておきます。笑 がんばれ、SixTONES!

 

さてさて、きょうは山下智久愛、テキサス』の歌詞を後半部分だけ考察してみよかなーと思います。北斗くんが尊敬してやまない先輩の曲ですね!

もう3年くらい前の曲だと思うので考察とかは出尽くしてると思いますし、既出の考察と被ってる気もしますが。

 

  1. 本当に「俺」と「あいつ」しかいない?
  2. 「愛(かな)しい」の意味

 

こんな感じでいきます!とりあえず歌詞貼っておきます。

www.kasi-time.com

 

 

1.本当に「俺」と「あいつ」しかいない?

愛、テキサス』は基本的に「俺」と「あいつ」の物語です。テキサスだし西部劇っぽい感じ。バディなり友だちなりを、亡くしてしまった男が主人公っぽいですよね。うんうん。

セリフ部分までは登場人物は二人です。でも、セリフ部分を見て「3人目がいる!」と思ったんです。セリフ部分引用しておきます。

 

あの日俺らはいつものようにテキーラを飲みながら

もうすぐ結婚するってあいつの話を笑って聞いてた

「お前が死んだのは俺のせいだ」って言ったら

多分あいつは笑うだろう

 

注目したいのは前半部分。

「あの日俺らはいつものようにテキーラを飲みながら もうすぐ結婚するってあいつの話を笑って聞いてた」。最初は「俺」と「あいつ」が飲みながら結婚のことを話してるのかなと思いました。でも、ちゃんと歌詞を見るとそうでもなさそうですよね。

主語、述語だけ抜きとってみます。

「俺らは~飲みながら…笑って聞いてた」

こうしてみて、「聞いてた」人は「俺ら」、つまり複数いることの可能性に気付きました。性別まではわからないですけどね。「俺」と「誰か」が「あいつ」の話を聞いていたんだということは分かります。

 

で、この「誰か」が大事で、最後のサビを読み解くときに活きてくるんです。

特に「あの人」という部分ですね。ということで、最後のサビをちょっと考えてみたいと思います!

 

 

2.「愛(かな)しい」の意味

最後のサビってどんなもんじゃいって感じだと思うので、ここでも引用しておきます。

 

覚悟を決めてくれ 過去は砂漠に置いてきた

愛(かな)しい あの人の蜃気楼抱いて 愛、テキサス

 

ここまで、ずーっと「俺」と「あいつ」しか言葉としては登場してきませんでした。

セリフ部分で「俺」と「あいつ」以外の存在を感じ取ることができましたが、歌詞中に言葉として登場しているのは「俺」と「あいつ」だけですね。

 

そこで最後に突然登場してきた「あの人」。

音だけを聞いていると「かなしいあの人の蜃気楼を抱いて」となり、曲の文脈的には「かなしいあの人」=「あいつ」ということになるのかな、と思います。「かなしい」が「悲しい」に変換されるからです。

亡くなってしまって「悲しい」。だから、「かなしいあの人」は「あいつ」のことかなと思ったんです。

 

でも、歌詞を文字として見たら「愛(かな)しいあの人」と書いてありました。それを見て、これは音と文字とで二つの物語が生まれるようになってるのかも、と思ったわけです。

そして、誰のことを言ってるんだろうなぁと考えたときに浮かんだのが、さきほど書いた「俺」と一緒に「あいつ」の話を聞いていた人。「愛しい(かなしい)」には「愛しい(いとしい)」という意味があります。なくなったら困る、という思いがあるいとしさ、と言えばいいんでしょうか。そういう感じです。

言葉の意味を考えてみたときに、「愛しいあの人」は「俺」の恋人なのではないかという考えに行きつきました。

「あいつ」はなくしてしまったけれど、きみはなくならないでほしい。そんな思いが漂っている気がします。

 

どうして「~ほしい」なのか、というと、「過去は砂漠に置いてきた」とあるからです。「俺」はさまざまなことを経て、きっと一人で生きていく覚悟を決めたんです。「あいつ」をなくしたことも、「あの人」との日々も全て「過去」。まるで出家のようですね。御髪下ろすぴーちゃん…、というどうでもいい想像はさておき。

「過去」を捨て去って一人で生きていくから、もう「あの人」とは一緒にいられないんです。「あの人」が生きていくことも幸せになることも祈ることしかできない。だから、「~ほしい」という形の思いが漂っているのかな、と思いました。

 

セリフからにおわせてきた「俺」と「あいつ」以外の人物をうまく使って、二つの物語を成立させるために「悲しい」でも「愛(いと)しい」でもなく、「愛(かな)しい」にしたのかもしれませんね。

友情物語と恋愛物語が並立していて、おもしろいなぁと思いました。最初は、変わった曲だなーとしか思っていませんでしたが…。笑

 

 

音だけ聞くのと目を使って聞くのとでは物語が変わってくる/増えてくる曲ってまだまだありそうですよね。また歌詞の考察とかしてみたいなぁと思います。

こんな感じで『愛、テキサス』の後半部分の考察を終わりにします!

 

ではでは~